ヤフー・グーグル・インターネット検索エンジン削除請求申請支援センター
ヤフーやグーグルなどの検索エンジンによる名誉毀損が多発しています。インターネット検索エンジンに対する削除請求の申請サポートセンターです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグルについて
グーグルについて

グーグルの検索エンジンに登録されているリンク先について、
誹謗中傷や、その他法律的な問題によって、
削除又は非表示を請求する場合には、
基本的には、
アメリカのグーグルとやり取りを行なう事になります。
まずは侵害行為を抽出し、
その中での侵害行為を特定しなければなりません。
特定の仕方もグーグルの様式で行う必要があります。

また、その侵害行為については、
法律的にどのような問題があるのか記述し、
最後に本人の署名が必要になります。

グーグルの場合は、
アメリカで審査を行っているので、
これらの書面を作成し、
アメリカにFAXを行い、本紙を送ることになります。

ただ実際の、削除請求(非表示請求)申請する為の書式は、
少しコツがいるので、
ご相談があれば当方で承ります。

スポンサーサイト
削除請求事案について
削除請求事案について

1.こんなことに困っていませんか?

インターネット掲示板サイトである2チャンネルに、
私の知らないうちに、私の個人名が載せられていた。
そこでは、私の身体的特徴や悪口が具体的に書かれていて、
交友関係に影響が出始め、支障を来たしている。

しかし、私には、このような書き込みをされる理由がなく、全く身に覚えも無い。
なんとかして欲しい。

①ヤフー及びグーグル等の検索エンジンにおいて、
私の名前を検索した時に、私を誹謗中傷するこれらの掲示板サイトについて、
リンクして表示しないように、検索エンジン会社に非表示の請求をしたい。
→まずはご相談を!
最適な方法で削除請求を行うための文書を作成します(有償です)。

②誰が掲示板に書き込んだのか付き止め、
民事訴訟によって、謝罪または損害賠償の請求をしたい。
→訴訟をするならば弁護士を紹介することも可能です。
但し、ご紹介出来ない場合もありますので、まずはご相談を(相談は有償です)!
ヤフー・グーグル・インターネット削除請求申請サポート
ヤフー・グーグル・インターネット削除請求申請サポートセンターです。

昨今、インターネットの爆発的な普及と発達により、
様々な形でウェブサイトへアクセスすることが容易となり、
安易な書き込みが増え続けています。

それらの書き込みは、単に自己満足を得る為だけであったりしますが、
他人を執拗に攻撃し、誹謗中傷を引き起こし、
知らないうちに名誉毀損事件となっているケースも多々あります。

しかるに、その相手方である被害者は、
全くそれを望まないのにも拘わらず、
誹謗中傷され、名誉を毀損され、傷ついてしまっています。
それらは、本来ならば、言われ無き事柄ばかりであり、
むやみに公の場で公開されるべきでない事柄が公開されてしまっているのです。

しかしインターネットの匿名性の強さから、
それらの書き込みを行う者が誰であるかを特定する事は、容易ではありません。
不特定の人物による書き込みがエスカレートしていく事は、
非常に絶えがたく、恐ろしいことでもあります。

そのような状況の中、私たちはどんなサポートが出来るのか?
そんな事を考えました。

もしも不当に書き込みがなされているウェブサイトを、
そのウェブサイトの管理者に削除させる場合には、
訴訟や仮処分を行う必要があります。
しかし訴訟となれば、それこそ時間も費用も大きくかかってしまうのが現状であり、
インターネットの即時性を考えると、あまり的確ではない可能性があります。

むしろ本質的に被害を最小限にすることの出来る手段があれば・・・。

その回答の1つが、検索エンジンからリンク先を削除してもらうことでしょう。

検索エンジンからリンクを削除してもらう事ならば、
1ヶ月程度で対処が可能となります。
訴訟が1年かかりであるのに比べれば、素早い対処が可能となります。

私たちは、そのような困った方々に対して、
ヤフーやグーグルなどの検索エンジンからリンク先を削除し、
非表示にしてもらう為の申請用書式作りをサポート致します。
削除申請用の書式は、
法律的な面を伴って内容が書かれていなければなりません。
一般の皆さんが作成するには、非常に骨の折れる内容だと思います。

まずは当方にご相談下さい!
copyright © 2005 ヤフー・グーグル・インターネット検索エンジン削除請求申請支援センター all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。